こんな人になりたい!目標・メンター西野亮廣という男 ~僕は今、西野亮廣に憧れています~

私が何か食べて「うまい!」と言った後に、社長が「そんなうまいわけな…うまい!」という子芝居がいつも行われます(様式美)

ども、生モミマンです。今日はキングコングの「西野亮廣さん」のお話

僕は今、西野亮廣に憧れています

鴨頭さんは、芸人キングコングの西野さんに憧れているそうです。どういう部分でしょうか?まとめます。

  • 「はねるのトびら」で若手ばかりで20%の視聴率を取り10年間続けられた
  • 忙しい中2時間睡眠を続け、10本のレギュラーを持ちネタも書き続けた
  • 相方の梶原さんが休んだ時に、ピンでできるという手もあったおが「相方を待つ」という選択をした
  • 梶原さんが自分の都合で休んだことを謝りに行った時に「ええよー」の一言で許した

 

結論:人気絶頂の時に仕事がなくなっても、パートナーを待ち続け、すぐに許せる器のでかさが西野さんの魅力である

感想

西野さんの考え方や経営の手腕などは、本当にすごいと思います。

器のでかさというのは「気前の良さ」や「何されても許す」などが良く言われますが、逆に考えると「人に期待をしないこと」だと聞いたことがあります。

期待をするから、期待通りにならないと気分が悪くなる。元から期待をしなければ、何をされても自分の気持ちや行動は変わらない。

始めは悲しい理論だなと思ったりもしましたが、それができる人間というのはすごく強い人間なのだと思います。

私はまだそこまで器が大きくありません。

余裕を作るために、もう少し未来の計画が必要だと改めて思いました。

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です