子どもの憧れの職業「YouTuber」の実態とは?

取引先の人から「あれ最高でした」といきなり連絡があり何かと思ったら「ペッパーと漫才して滑りまくった動画を見た」という私の消せない黒歴史のことでした。

ども、生モミマン横山です。今日はYoutuberのお話。

子どもの憧れの職業「YouTuber」の実態とは?

鴨さんのチャンネル登録数は93万人。子供の憧れの職業にもなってるYoutuberの実態とは?まとめます。

  • Youtubeで有名になってくると「本当にいるんですね」と言われるようになる
  • 多くの人に気づき・夢・希望・勇気・感動を与える存在になれる
  • 「売れること(稼ぐこと)」と「希望を与えること」が一致する職業である

 

結論:Youtuberは売れると多くの人に影響を与えられ、希望を与えながら稼ぐことができる。

感想

今回の動画は短かったのでyoutuberの全ての実態を語ってるわけではないと思いますが、最近は芸能人の方もyoutuberになったりしていますね。

そのくらいYoutuberは魅力的な仕事だし、すぐに始められることなのだと思います。

この動画ではありませんが、鴨さんが言っていたYoutubeの魅力で、

家から出られず悩んでいる多くの人を、お金の負担をさせずにそこにいながら救うことができる。

ということを言われていました。なるほどその通りだなと(電気代やネット代はかかりますが)

Youtubeは場所や時間やお金や人生の悩みも解決してくれているんだなと。

実は私の甥っ子もYoutuberになりたいと言っています。聞いた時は

「Youtuberなんて!!」

と否定しました。「あんなの職業と言えないぞ」と思っていました。

もちろん色々大変な部分があると思いますが、考えを改める必要がありそうです。

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です