【新卒ベンチャー成長日記】人を不快にさせずに依頼する3つのポイント。

はじめに

 

どうもこんにちは

甘党でもあり辛党なトラストリング 下半身太い広報の浦です。

人にお仕事を依頼する時にどんなことを気をつけますか?

自分が課題を与えられる側であれば、今、大丈夫であるか聞かれると安心できるように感じます。

 

今回は、人に仕事をお願いする時にどんなことを気にしたら良いのか、取締役に教わったことを説明していきます。

 

1.依頼する相手を決めて、相手の都合を聞く

 

担当の業務を担っている人、依頼する人が先に決まっている人に相手に仕事を引き受けられる状態であるかの確認。人を不快にしないことを考慮すると、相手の都合を聞くことはとても重要なポイントですね。

 

2.依頼内容を具体的に伝える

 

仕事が急ぎの場合は先に伝えること。内容と目的、期限を伝えて、期限は余裕を持って依頼すると良し。内容を具体的に説明することも重要ですが、目的があるとより一層、課題が明確になります。

 

3.質問がないか確認、進歩内容を管理

 

疑問があるかの確認と、時間がかかっていた場合は進歩内容の状況を確認を入れることで相互で安心ができます。

 

依頼する方法で学んだこと

3つの依頼するときのポイントを見ると、相互に安心できることが大切だと感じました。依頼された側であればどんな感じで進めていけば良いのか不安なら確認してもらうこと(相談の仕方の過去ブログ)↓

【新卒ベンチャー成長日記】相談の仕方を取締役から教わった話。

✩+。:.相手の都合を聞いて萎縮せずに積極的に行くことが大切だと学びました。

まとめ

今回は新人が学んだ依頼の説明していきました。

相手の都合を聞く、仕事の内容と目的、期限を細かく説明することが大切な3つのポイントでした。私はまだ先輩に仕事を依頼することはないですが、自分がもしその立場になったらこれらを実行していきます。

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です