手島からの日記〜暮れの元気なごあいさつ、の巻〜

 

コイケは年が開ける前に半年ぶりのお風呂に入ったよ。

どうも、こんにちは、うどん国のアイランダー広報 松原です。

 

島では盆と年末に、島民や、今は島外に住む島育ちの人で

島を綺麗にします。

島総出の大掃除。

港周辺や神社周りの草刈り、木の剪定、お墓周りの掃除。

朝からたくさんの草刈機が唸り、熊手で枯葉を集め、焼却の煙が島を包む。

 

夏の、生き生き伸びまくり、ジャングル化させようとしてるくらいの草たちとは違って、

冬にそんな大掛かりでする必要あるのかえ?

と思いながらも、いつもより早く起床し、作業に向かう。

 

そんなこと思ってたけど、綺麗にすると、綺麗になる。

当たり前のことだけど。

少しずつ目が慣らされていた雑草も枯れ葉も、綺麗にすると気持ちがいい景色になる。

島民たちも「綺麗になったねえ」とスッキリした声で皆口にする。

今年はコロナの影響でGWも盆も、おそらく年末年始も、

島に帰って来る人が少ないけど、

こうやって、毎年毎年、毎回毎回、島を自然のまま、最低限綺麗にしている。

 

 

私は特別都会の生まれではないけど、

でも地域での密な関わりなんて殆ど経験したことのない、きっと今の多くの人たちと同じような育ちだから

正直この文化にまだ慣れていない。1年通した生活の一部というよりはイベントという感じ。

それでも、共有できるものを一つずつ一つずつ増やして、

顔を合わせたら笑ってお話しできる、一緒の場所で暮らす人になりたいなあ。

 

 

そんなわけで

 

今年の松原のブログは今回で納めです。

こうやってブログを通して、島での生活、自分の価値観を改めて考えて、形にさせてもらって

仕事という形で楽しませてもらいました!

私自身は、2020年はコロナ関係なく裏では結構散々な年でしたが

(脚立から落ちたり、自転車壁にぶつけて体吹っ飛んだり、車をぶつけたり、何もないところでコケたり、虫歯が3本発見されたり、泥酔して玄関前で熟睡しちゃったり、人生で一番体調を壊したり、エトセトラエトセトラ)

振り返れば、七転び八起き

いっぱい失敗して、期待に応えられなくて、いっぱい失敗して、

でも、1年前の私よりできること、気を付けることが増えたことを明確に感じています。

(一人で車を運転して好きなところに行けるようになった。食事を作る手際が格段に上がった。
人の話を最後まで中断せずに聞くことを意識できるようになった
エトセトラエトセトラ)

 

いっぱい失敗したことを覚えているので、怖くなることもありますが、

島での生活は、本当に自分がしっかりしていないとやっていけない。

これは私にとっては「島」だった。

誰にでも新しく挑む場所に「島」はあると思う。

「島」は望まずに訪れるかもしれない。

「島」に触れることなく、なんとなく生きていける人もいる。

 

私は自分自身を見つめ直す「島」に出会い、今までの人生ってなんだったんだと苦渋を舐めながらも

それでもよかったと思います。

いいことばっかりじゃない。

でも、結果的に1年振り返って「まあ、結果オーライかな!」と思えたのは、

ナショさんやたかむーや島民の人との関わりのおかげだと思う。

 

 

支えてもらって、突き放されて、考えて、支えてもらって。

自分にできることを精一杯考えた1年でした。

 

私は来年も島にいます。

いつどうなっちゃうか分からないけど、とりあえずは家を完成させるぜ。

手島からの日記を読んでくださっていた方、

今回初めて読まれた方、

ありがとうございます。

また来年、島とあなたのインターネットでお会いしましょう。

 

 

⭐️トラストリングは12月31日〜1月3日までお休みです。

 

そういえば

 

 

良いお年を!

 

 

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です