手島からの日記〜プイプイ消防車、の巻〜

 

 

こんにちは、うどん国のアイランダー広報 松原です。

 

まさか自分が島に住むと思ってもなかったですし、

消防団員になるとも想像もしてませんでした。

消防団って、そういう職業だと思っていたので。

 

訓練も定期的に行われます。

放水すごかった。(小学生の感想)

 

 

もちろん、本業として火災や水災、救急救護を本職とされている方々がいますよね。

 

私たちは、それぞれ自分の仕事をしながら、地元で起こった災害や救助に迅速に駆けつける、

非常勤地方公務員という役割なのです。

今のところ、台風前に防波堤を設置する仕事くらいしかしてません。

平和が一番。

 

 

そういう発想がなかっただけで、これを読んでいるあなたも
なろうと思えば、地元の消防団に入れるかもしれませんし、

そう、もしかするとお隣さんは地域を守る、消防団員かもしれない…!

え?

そんなの知ってた?

そんなの一般常識だ?

そ、そうだったのか……

私は島に来て、また新しく日本を知ったのでした。

 

ミッション:新車の消防車を納車せよッ

 

 

 

私も後ろに乗せてもらって島を走り回ったのだけど、めちゃくちゃ気持ちいい。

 

 

島では味わえないアトラクションの感覚。

消防車で遊ぶな、だけど、春になったらまた乗りたいな〜。絶対気持ちいい。

 

 

ピカピカの新車ですが、

次に新しい消防車をいただける時は、モルカーがいいな。プイプイっ。

 

ではまた!

 

 

 

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です