「こんな会社で働きたい!」と思ってもらえる採用のシカケ ~人手不足・採用が上手くいかない本当の理由とは?~

先日会社が拡張され、どんな会社にしたいかアンケ―トがあったので「迷路」「畳」「こたつ」「秘密基地」と書いたら全部却下されました。

ども、生モミマン横山です。今日は採用のお話。

「こんな会社で働きたい!」と思ってもらえる採用のシカケ

昔鴨さんはマクドナルドでバイトしていた時に、社員さんの家に泊まり込みで研修を受けていたそうです。まとめます。

  • 昔マクドナルドでは社員の80%以上はアルバイトからだった。
  • 社員が残業ができなくなって、アルバイトの人数が減った(普通逆では?)
  • 原因としては社員とのコミュニケーションが業務上のものになったからだと思う
  • この人みたいになりたいという人がいるかどうかで採用は決まる
  • 仕組みを作るよりも、今いる社員さんが魅力的にする方が重要

 

結論:採用はこの人みたいになりたいという人がいるかどうかで決まる。その取り組みが重要。

感想

私も前の会社を退社して入社した時は、今の社長と一緒に働きたいという想いで入社しました。

特に私はおしゃべりな方なので、業務中の何気ない会話(無駄話ともいう)をよくしますし、それが重要だと思っています。

まだ「生モミマンさんがいたから入社しました」という言葉はいただいておりませんが、そのような言葉が聞ければとてもうれしく思います。

現在トラストリングでは1日体験入社というものを事前に行っているので、この時に憧れてもらうためにもっと自分を磨いていきたいと思います。

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です