トラストリングの気持ち悪い制度をご紹介PART1〜遅刻編〜

 

最近、愛犬が私の前でよくため息をつきます。 

どうも下半身太い女子大生のウラです✩ 

 

トラストリングは面白い制度がたくさんあります。 

その中の1つをご紹介します。 

 

遅刻したら全員の良いとことをいうまで許さない✩

 

こんなの聞いたことがなかったです。

反省書を書くのではなく、みんなの「良いところ」を言う。 

 

最近、三時間遅刻してきたムードメーカーKがこの罰ゲームを受けました。

オフィスは終始和やかで、爆笑の嵐となりました。

 

いじめ感がなく、どんなことを言っても社長と取締役が面白くフォローしてくれます。 

褒められる側は嬉しくもあり、恥ずかしかったです(照) 

 

バカにする人がいないのがトラストリングらしさなのかなと思いました。 

私は遅刻しなくても皆さんの好きなところが言えます。 

 

いや、言語化は難しいですね。

いつか遅刻した時のために、考えてこう。 

 

まとめ 

 

トラストリングの面白い制度「遅刻罰ゲーム」でした。 

 

とても楽しい雰囲気で、みんなバカにせず笑ってくれます。 

遅刻に対して、叱ることは簡単なのかもしれないですね。本人が

恥ずかしさを体感した方が遅刻はなくなりそうだと個人的に思いました。 

 読んでくださり、ありがとうございます。 

 

 

 

 

 

 

 

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です