【新卒ベンチャー成長日記】ベンチャーの方が圧倒的に成長できる?

 

はじめに

 

どうもこんにちは

エビチリの中に桃と葡萄が入っていて驚いた下半身太い広報の浦です。

世間ではベンチャー=成長できる。研修期間が大手に比べて短いから不安。といったイメージがありますが本当にそうなのでしょうか?今回は入社して2ヶ月目の浦が感じた成長について紹介していきます。この記事を読んでベンチャーか大企業に行くか迷っている学生へのアドバイスになれば幸いです。

 

ベンチャーで働くとなぜ成長できるのか

同期がいないことで存在感が増す

 

トラストリング の新卒採用は2017年から始まりました。

 

弊社では新卒者を毎年1名採用しています。

このことで、一人の存在感が大きく、かまってもらいやすくなり(笑)

先輩方に分からないことを聞きやすい環境になるのではないかと思いました。

 

また同期がいないので無意識に比べてしまいストレスを感じるようなことはありません。

比べる対象ができたとしても自分よりもスキルをたくさん持った先輩でありますので、追いつくための努力は自ずと自分を成長させるのではないかと考えらえます。

戦力を持った人間になりたくなる

 

一人一人の作業量が多く、クライアントからの仕事を受け持っている先輩をたくさん見ていると早く自分も仕事を任せてもらえるよう頑張ろうと思えてきます。

また、働いている先輩を見ていると自分のモチベーションが上がっていくことが分かりました。

(自分のイラストで会社宣伝をしても良いかなと思っていただけるように、日々イラストのスキルを上げていきます。)

 

まとめ

 

今回は、ベンチャーで働くと成長しやすくなるのかについて紹介しました。

私が感じた点

・存在感がある新卒者

→同期と比べることによるストレスが発生しない、先輩と話す機会が増えます。

 

・戦力を持った人間になりたくなる

→一人一人が利益に直結する仕事をしていたり、複数の業務を担っているところを見ていると、自分も早く仕事を任せてもらえる人間になりたくなります。

 

大手が良い人、ベンチャーが良いと人それぞれいますが、私は弊社のシステムがしっくりきているので入社して良かったと思っています。ベンチャーってぶっちゃけどうなんだろうそう感じる方は6/12に会社説明会を開きますのでこちらで遠慮なく質問していってください。

トラストリング 会社説明会&人狼6/12開催

以上、読んでいただきありがとうございました。

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です