ベンチャー新卒者が語る!?◯◯の答え方を教えてもらった話

はじめに

みなさんこんにちは

最近、手塚治虫の「ユニコ」というユニコーンの子どものアニメにハマりました。そこから、愛犬をユニコと呼んでいます。

ちなみに、ユニコは人を幸せにするユニコーンで無償の愛を教える物語です。

ユニコが好きすぎて、ユニコの絵を夜な夜な描きました。

どうも下半身が太い浦です。

 

私は元々、印刷会社の内定をいただいていたのですがトラストリングで働きたい気持ちが大きくなり、2020年4月から新卒社員として働く予定です。

 

今はアルバイトで週3働かせていただいております。

印刷会社の人事の方に良くして頂いていたのにも関わらず、トラストリングを選びました。

 

半端な気持ちではいけないと思い、日々、私が何ができるかと考えております。さて、私はトラストリングで働かせていただいて1ヶ月くらい経ちました。

 

今回は私がトラストリングで学んで一苦労したことの一つ「質問の答え方」についての感想を説明していきます。

 

質問されたら、素直にそのまま答える

 

これが全然できてませんでした。というか、今もできていません。

 

いやそのまま答えたらいいじゃん!!!

といえば簡単なのですが、先に説明をしてしまうのです。

 

もし「~終わった?」という質問であれば、「終わりました。」といえるのですが、

終わっていない場合は、先に何で終わっていないのかを説明してしまうんです。きっと終わっていないとは言いにくいので反射的に言っているのかなと思っています。

しかし、質問している側の気持ちを考えたらまず終わったかの確認をしたいわけで

確認してから、状況の質問をするかもしれないですよね。

 

トラストリングで働いて学んだのは

自分視点ではなくて、相手のことも考えて

考えを柔軟にしないといけないということです。

 

まとめ

 

トラストリングで学んだ質問の答え方でした。

質問にはそのまま素直に答えることと、教えていただきました。

 

私はこれって怒ってるのかな?とか勝手に考えてしまい答えるのが遅くなります泣

 

けれど、相手は自分を責めているつもりかも分からないのに勝手に解釈すると変な気持ちになってしまいます。

 

とにかく、4月までにこの素直に答える習慣をつけます。けれど謙虚に答えないといけないこともあるわけで、使い分けないと。

 

読んでいただきありがとうございます。

ユニコのDVDまだ届かないかなあ

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です