トラストリング のメガネ保証制度と会社説明会にお酒が必須な理由。

 

はじめに

 

どうもこんにちは

お酒を飲むととっても感動しやすくなる下半身太い広報の浦です。

今回は、トラストリング のメガネ保証制度を作った経由と、

島田社長が会社説明会でお酒を必須にしている理由を説明していきます。

 

お酒を飲んで本心を出して欲しい。

まず島田社長はお酒が大好きです。

そして、社員に飲み会に参加して欲しいがために作った制度が「メガネ保証制度」

 

飲み会とメガネの関係性について紐解くと、

元社員の横山さんが1年間で4回、飲み会でメガネを失くしたことがきっかけでした。

次にメガネを失くしたら離婚することを約束された横山さんのために社長がこの制度を作りました。

それだけ横山さんは飲み会に必要な存在なのですね。

 

話は変わりますが就活では本音を出すことが中々難しいと思います。

しかしお互いミスマッチが生まれるのなら、お酒を飲んで自分の本心を曝け出していただく方が良い方向に進むと考えています。なのでお酒を飲んで一緒にぶっちゃけていきましょう!

 

(面接では本音で向き合ってくださる方が好感度は高いです。)

 

まとめ

 

会社説明会でお酒が必須になる理由は、就活生の本心を見たいからでした。

また、メガネ保証制度は元社員の横山さんが飲み会に来なくなるのを防ぐために作られました。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です